浜田省吾 チャリティーコンサート(2019年1月16日、NHKホール)レビュー・感想

浜田省吾さんのチャリティーコンサートが、2019年1月16日(水)に東京 渋谷のNHKホールで行われた。

コンサートタイトルは以下の通り。


Shogo Hamada

J.S.Foundation 人道支援プロジェクト

サポートの為のチャリティーコンサート

"Journey of a Songwriter" since 1975

Welcome back to The 70's

"君が人生の時~Time of Your Life"


IMG_20190117_095840.jpg

















いや~、今回も長い。

この日は2 daysの1日目。
省吾のチケットは入手困難だが、今回は運よく当選。
NHKホールの時はついているようが気がする。




スポンサードリンク



■ 省吾のアコギに合わせて大合唱!

定刻通りに登場した省吾。
ステージ中央には何本かのアコースティックギターとイスがあるだけ。

このコンサートは省吾の弾き語りなのかな?

オープニング曲は「生まれたところを遠く離れて」。

コンサートタイトルにある通り、'70年代を彷彿とさせる。


このチャリティーコンサートは、先立って行われたファンクラブ限定ツアーとセットリスト等は同じ。
チャリティーコンサートのために新たな企画・構成をするよりも、ファンクラブ限定ツアーと同様にした方が少しでもチャリティーに回せるからと。



省吾のアコギに合わせて一緒に歌おうといううれしい"プロジェクト"もあった。

一緒に歌って若返ろうと(笑)。

「19のままさ」をNHKホール全体で歌ったのは、たまらない体験。
省吾も私もずっと若かった頃の曲。

全ての聴衆が、この歌を歌いながら19に戻っていたに違いない。


途中から町支寛二さんが加わっての第一部のラストは「路地裏の少年」。

19から更に3歳若返って16に戻ろうと。

この曲も会場全体での大合唱だ。



■ 第二部はフルバンドでDance & Sing!

約15分の休憩を挟み、第二部はフルバンド。

バッキングコーラス二人を含め総勢11名のバンドが省吾を支える。

第一部ではイスに腰かけて、静かに語り歌っていた省吾。

だが、第二部が始まるといきなりDance & Sing!

'70年代と変わらず(?)全然若い!


ステージではレアな「子午線」も聞けてラッキーと思っていたら、「風を感じて」で会場は(ほぼ)総立ち!

省吾も若いが客席も負けてない。


「今夜はごきげん」で最高にごきげんな気分になり、第二部のラストはコンサートタイトルにもなっている「君が人生の時」。


アンコールは2回あり、オーラスは「ラスト・ダンス」。
省吾との時間をいとおしむかのような大合唱。


ギターを高く掲げ、丁寧に客席に頭を下げる省吾。


途中のMCで著名なアーティストの名前を挙げ、彼らは亡くなってしまったけれども自分は生きている。たくさんの方に歌を届けるため、これからも「ON THE ROAD」は続けていくと、頼もしいコメントがあった。




スポンサードリンク



■ 曲以上に価値があった省吾の語り

このコンサートの肝は、'70年代の曲を歌うということはもちろんだが、省吾がまだメジャーではなかった時から徐々に売れて来た時代を中心に、彼の人生を振り返り、一緒に追体験することにあったと思う。


広島での少年時代。

自転車で30分ほどの所に米軍の拠点があったこと。
広島でモテモテの町支寛二さんとの出会い。

浪人時代に好きだった子のこと。

そして神奈川へ。
学生運動という時代背景や、魅力的な就職先が無く音楽の道へ進んだこと。

お客さんが少なかった頃の荻窪のライブハウスでのエピソードや、貧しくとも楽しかったツアーのこと。


省吾だけが知る(?)町支寛二さんの秘密・・・。


「浜田省吾」を知る前からの彼の人生を知り、一緒に年を重ねたような時間だったと思ったのは、私だけではないだろう。


アンコールの最後は、省吾が一人ステージに残り、アコギで「ラスト・ダンス」。

アコギで始まりアコギで終わったこのコンサート。
ここが省吾の原点だと言わんばかりだった。



なお、今回のチャリティーは、カンボジアの子ども病院の活動に活かされるとのこと。
省吾は、このプロジェクトをサポートしてくれてありがとうと、客席に向かって丁寧に頭を下げた。


IMG_20190117_095933.jpg



2 daysの2日目となる1月17日(木)は、阪神淡路大震災からちょうど24年目の日でもある。

偶然そうなったのか、あえてこの日を選んだのか。

私は後者だと思っているが、省吾は何も語らず「恋は魔法さ」を歌うこともなかった。

17日に彼が何を語るのか、ちょっと聞いてみたかったな。


DSC_0019.JPG



<こちらの記事もどうぞ>






スポンサードリンク

この記事へのコメント

スポンサードリンク