森高千里「この街 TOUR 2019」(2019年1月26日 狭山市市民会館)コンサートレビュー

森高千里、21年ぶりの全国ツアーがついに始まった。

ツアータイトルは「この街 TOUR 2019」


森高の歌を聞きたいと思っている人たちに歌声を届けるため、これまで行ったことがないような街、あなたの街にも行きますよというメッセージが込められている。


DSC_0039.JPG

今回、2019年1月26日(土)に全国ツアーの初日を迎えた森高千里に会いに、埼玉県の狭山市市民会館へ行ってきたので振り返ってみたい。




スポンサードリンク



■ チケット完売、イントロで総立ちに!

ここ何年か、東京周辺ではライブを行ってきた森高だが、全国ツアーは1998年以来21年ぶり。
今まで待っていたファンは多く、チケットは完売。

開場前にグッズを購入しようと早めに来場した方も含め、多くのファンが大変寒い中、長い行列を作って開場を待った。


DSC_0042.JPG


着席してまだかまだかと期待が高まる。
定刻の17:30から数分遅れてイントロが流れると、いきなり総立ち!

これはスゴイ!


ステージ上に設置された階段の更に上。森高が姿を現すと、約1,400人が埋め尽くした会場は一気にヒートアップ。

もちろん森高のひざ上15cmのミニスカートは健在だ。


注目の1曲目はデビューシングルの「NEW SEASON」。
2曲目「ザ・ミーハー」への流れで、外の寒さで凍えた体もほぐれてきた。


DSC_0046.JPG


自分の歌を聞きたい人がいるのであれば全国ツアーをやってみようと実現した21年ぶりの全国ツアー。

これまで子育て優先でやってきて家を空けることが難しかったけれども、子どもが大きくなってやれる環境になってきたと。

今回のセットリストはベスト盤的な内容で、あの曲を聞きたいと思って初めて来てくれた人にも喜んでもらえるものと言う森高に、会場は大盛り上がり。

コアなファンが喜ぶレアな曲は無いものの、初めて森高のコンサートに来る人も昔からのファンも一体になって楽しめる構成ということだろう。



■ 衣装替えの休憩無しで一気に!

森高の衣装は一貫してミニスカ!

途中何度かイントロや曲中での衣装替えがあり、「ザ・ストレス」ではあのウェイトレス姿も披露!

バックバンドの演奏が続く中、ステージ上での衣装替えはちょっとハラハラ。
何かのアクシデントで時間がかかったらどうするんだろう・・・などと考えてしまったが、それは杞憂に。

セットリストだけでなく衣装もベスト盤的な内容で満足度高し!



「17才」「私がオバさんになっても」「雨」など、森高の代表曲はもちろん含まれている。

「ロックンロール県庁所在地」でのエレキギター、「渡良瀬橋」でのリコーダーもうれしい演出だ。




■ 事前に狭山を散策した森高

今回のツアータイトル「この街」にふさわしく、森高は同会場でゲネプロがあったコンサート前日とコンサート当日に狭山市内を見て回ったとのこと。

地元の人なら知っている七通り商店街で有名な狭山茶を飲んだり、稲荷山公園を散策したり。

この日は、富士山がとてもきれいに見えたと楽しそうに話してくれた。


楽屋でも狭山茶や狭山茶ようかんをおいしく頂いたという森高。

これは、狭山市内から来たファンにはたまらなかったのではないか。

コンサートを開いてくれるだけでもうれしいのに、あの森高が自分たちの街を見て歩いてくれて、地元産品を口にしてくれたのだから。



今後、全国ツアーで行く先々で、森高の姿が街中で見られるのかもしれない。




スポンサードリンク



■ 全国37公演を発表し、ダブルアンコールにも応える!

21年ぶりの全国ツアー。
9月の岡山までは発表されていたが、この日、森高がステージ上で全貌を明らかにした。
(この日販売したコンサートパンフにも記載されていると)

12月まで全国37公演!

丸1年かけての全国ツアーということは、丸1年楽しませてもらえるということ。

森高から、今まで行ったことがない街にも旅行がてら出掛けてコンサートにも来てもらえたらと。


DSC_0058.JPG



一気に歌いつくした森高 ラストの曲は「テリヤキバーガー」。
会場全体の「♪関係無いわよ~!」の声と振りは21年ぶりの全国ツアーとは思えない。

ノリノリの最高潮で一旦姿を消す森高とバックバンド。


もちろんそれで終わるわけがない。

「千里! 千里!」の声に誘われて、再び我々ファンの前へ。


アンコールはもちろんツアータイトルになっている「この街」。

森高が全国の街へ行くこと、26年ぶりにコンサートをやる地元熊本への思いなどが伝わってくるかのよう。



アンコールが終わったが、まだまだ~!

ダブルアンコールだ。

21年ぶりの全国ツアー初日、最後の最後、19曲目は・・・

あの曲。

ぜひともあなたの街で確かめてほしい。


最後は森高と会場全体のファンとで記念撮影。

このツアーのために期間限定(?)で始めるというインスタグラムにアップされるかもしれない。




■ まとめ(最後に)

森高千里 21年ぶりの全国ツアー「この街 TOUR 2019」。

ファンが待ちに待ったツアーは、セットリスト、衣装、ハリのある歌声や振りなど、初日から完成度が高く大変な盛り上がりを見せた。

これから回数を重ねるごとに進化していくことだろうし、一年の間にはひょっとしたらセットリスト、構成なども変えてくるのかもしれない。

一度行ったファンも二度、三度と通えば、毎回新しい森高千里に会えるかもしれない。


今年2019年は、森高千里から目が離せない!



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・シングルス [ 森高千里 ]
価格:3850円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)



この記事へのコメント

スポンサードリンク